子供から大人まで通うピアノレッスンの人気|自分に合う方法で覚える

ソーシャルワーカーになる

男性

国家資格を取得する

何らかの事情で日常生活を営むことが困難になっている人を支援する人のことをソーシャルワーカーと呼びます。長年、無資格者でもソーシャルワーカーを名乗って職務を行うことが認められてきましたが、昭和62年に「社会福祉士及び介護福祉士法」が制定されて以来、ソーシャルワーカーとしての職務に就く際には、社会福祉士資格を保有していることを求められるようになりました。現在でも、社会福祉士資格は業務独占資格ではなく単なる名称独占資格に過ぎないという取り扱いがなされていますが、資格を保有していることが専門職として一定の水準に達していることの証拠になります。実際に、多くの事業者が、ソーシャルワーカーを採用する際に、社会福祉士資格の保有を必須条件にしています。この資格を取得するためには国家試験に合格する必要があるのですが、法律で定められた受験資格を満たしていないと試験を受けることができません。そのため、多くの人が福祉系の大学や専門学校で学んでいます。

受験資格を得るためには

新潟県における社会福祉士の需要は、年々高まってきています。新潟県の求人状況を見ると、社会福祉士の資格保持者に対する求人が常に補充され続けています。新潟県は人口の高齢化が他県よりも進んでいることもあり、今後社会福祉士が活躍できる場がさらに増加するだろうと予想されています。新潟県在住の人が社会福祉士になりたいと考えているのであれば、まず国家試験の受験資格を得るために、福祉系の大学・短大・専門学校のいずれかに進学することをお勧めします。一般の大学や短大に進学した場合は、大学卒業後もしくは1〜2年実務を経験した後で一般の養成施設に1年以上通学しなくてはなりません。受験資格を得るのに1年余分にかかってしまいますから、社会福祉士になりたいという意思が固まっているのなら、最初から福祉系の大学や専門学校に進学するのが得策です。幸いなことに、新潟には数多くの国家試験合格者を輩出している福祉系の大学や専門学校が複数存在しています。興味がある人は、インターネットを利用して調べてみるとよいです。